• ホーム
  • 高血圧対策には無理のない登山や筋トレを

高血圧対策には無理のない登山や筋トレを

高血圧を改善するためには、無理のない範囲で登山や筋トレを行うことが有効です。
高血圧が引き起こされてしまう原因には、血中の中性脂肪の量が多いことがあります。
この中性脂肪を減らすためには、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて行うことが重要となります。

登山と筋トレを組み合わせることが重要であるのが、日常生活で使用しない筋肉を鍛えることが可能となるからです。
日常生活において、通勤などにより、歩く動作を行うことになりますが、歩くことはそれほど負担の大きい運動ではなく、また歩く量が全体的に少ないために、体に対して健康的な効果を望むことは難しくなってしまうのです。
また歩くことでは、あまり心拍数を向上させることができず、中性脂肪を減らすことには難しいのです。

登山を行うことが有効であるのは、歩くことよりも負担が強く、心拍数を向上させることが可能となります。
そのため、脂肪を燃焼させる効果が強く、また下半身への筋肉の刺激が強いために、下半身の筋肉を効率良く鍛えることが可能となります。
しかし高血圧の場合に気をつけなければ、決して無理をして登ろうとしないことです。
これは心拍数が向上しやすいために、無理に登ろうとすると、体に対しての負担が大きすぎてしまい、逆効果になってしまうからです。

出来るならば登山を適度な負担で毎日行うことが理想ですが、出来ない場合には筋トレを行うことが有効です。
特にスクワットやデッドリフトなど、下半身や体の胴部を中心として鍛える種目を行うことが、基礎代謝の向上に役立ってくれます。
このときは必ず、呼吸を止めないように行う必要があります。
呼吸を止めてしまうと、血管への負担が大きくなってしまい、怪我をしてしまう可能性があるからです。