色々な薬のケース

高血圧は「サイレントキラー」とも呼ばれていて、その名前の通りに静かに病状が進行していきます。
自覚症状がないことが多いため、健康診断などである日突然「高血圧です」という結果を見て驚いてしまう人も少なくありません。
高血圧がサイレントキラーと呼ばれるのは、静かに病状が進行した結果、命にかかわる大きな病気を引き起こすきっかけになってしまうことからきています。

高血圧は血管にかかる負担が大きくなってしまう病気です。
心臓がポンプとして押し出した血液を通して全身に巡らせるのが血管の中でも、動脈の仕事です。
塩分過多により血液の量が増えてしまうと、心臓はその血液を押し出すために必死に動きます。
多くの血液が巡るようになれば、血管は血液が送り出される衝撃に耐えるために厚くなってしまうのですが、血管は内側を厚くしていきます。
そうすると血管が厚くなった分だけ内部が細くなるため、一度に多くの量を血液を運ぶことができなくなってしまい、血液を押し出すポンプである心臓にさらに負担がかかる、という悪循環に陥ってしまいます。
特に血管が厚くなり、内側が細くなることで動脈硬化が起こってしまいます。

動脈硬化は心筋梗塞や狭心症などの心疾患、脳梗塞や脳卒中、脳動脈瘤などの脳疾患を引き起こす大きな原因となってしまうのです。
高血圧という一つの病気だけで、これだけの多くの命にかかわる病気を引き起こす危険性があるのです。
「たかが高血圧だ。自覚症状もないし、放っておいても大丈夫」という軽い気持ちでいると、取り返しのつかないことになってしまう可能性もあります。
健康診断などで高血圧だと診断されたら、病院に行って治療を開始するようにしましょう。